さや株の性質

さや株向きの人

以下の項目のうち、貴方がもし半分以上の項目に当て嵌った場合は、ズバリさや株投資に適していると言えます。

これらを全て満たす投資法なんてあるのか?と思ってしまいますよね。ことさや株は安全第一主義の投資法で、安全性を高める大前提の1つに「売りからも仕掛けられること」というのがありました。さや株投資法は、株価が似た動きを示す2銘柄のペアの、どちらか片方を売り、もう片方を買う、相反する仕掛けを同時に行います。売りというと信用取引を連想して何だか危ない投資の様に思えるかもしれませんね。初心者の方は使い方を間違える可能性があるので決してお奨めしませんが、中級者以上の方は別です。売りだから危険という考えは全く間違いです。売りから入る契約をすると信用取引というおまけがもれなく付いてきますが、初心者が根拠も勝算もなく信用取引ならではのレバレッジを行使することが危険なのです。売り自体は危険ではありませんし、レバレッジも上手に使えば大変有難い仕組みなのです。売りから入る行為を、訳もわからずに「危ない」と言っている方も多い様ですが、「買いだけの投資で勝てない人は、売りの投資をやっても勝てないよ」の言い方であれば、まさにその通りです。「買いで勝てないから売りなら勝てるかも」なんて単純な発想ならやめた方がいいです。おまけで付いてきたレバレッジも訳がわからずに実力以上の背伸びをしてしまい取り返しのつかない大損を被る危険性があります。

さや株投資は売りから入る行為を行います。上記に該当する初心者には危険な行為ですが、さや株投資の仕組みを正しく理解できた方にとっては大変に有難いツールとなります。また、さや株投資法の視点では「買いだけの投資、売りだけの投資、いずれもギャンブル性があり危険」という発想になります。詳しくは別途解説しますが、さや株投資は売りと買いを必ず同時に仕掛けることで最大限リスクヘッジした投資法であることをここでは認識しておいて下さい。その上で、さや株投資法の特性と、この投資法にズバリ適した人がどの様な人かについて以下解説します。

さて、過去色々な投資法を試してみましたが、さや株投資の性質として私が一番抱いた印象は

ハリツキしない

貴方が本業をお持ちの場合、株投資のために終日パソコンの前にハリツいているなんて有り得ませんよね? 株投資が専門という方は別として、私の様なサラリーマンで時間の合間に投資する様な人は、ハリツキはできませんし、やるべきではありません。

「さや株は、ハリツキしない投資法です!」

ハラハラしない

仕事中に株の値動きが気になって、ちらほらスマホを確認したり、ソワソワして本業に集中できなかったり、これでは本業も株も両方とも失敗してしまいます。第一こんな精神状況では株投資も長持ちしません。本業の妨げなる様な投資法はやめた方がいいです。

「さや株は、ハラハラしない投資法です!」

ハサンしない

景気が良い時は誰でもそれなりに勝てるものです。景気が悪い時に負けないことが難しいのです。市場を引退する人の殆どが、たった一回の大暴落で戦意喪失・再起不能となっていることを忘れてはなりません。壊滅的な打撃を受けた瞬間にゲームオーバーなのです。

「さや株は、ハサンしない投資法です!」

「時は金なり」人間のモチベーション継続には限りがあり時間はとても貴重です。時間ロスなく効率よく市場に出るためにも、まずは以下から口座開設下さい